心療内科の探し方と準備|うつ病チェックで判断しよう【うつ病かもしれないと思ったら】

心療内科の探し方と準備

病院

心療内科の受診の仕方

うつ病かなと感じた時には、病院でチェックをしてもらい治療が必要なのか、必要であれば通院していく事になります。しかし、日本には多くの病院があるので、どの病院を受診したよいのか迷ってしまいます。うつ病の治療やうつのチェックを行ってくれるのは、精神科と心療内科です。まずはインターネットで該当の科を標榜している病院を探すことから始めて下さい。その際に役立つサイトは多くあります。その中には厚生省が管理している心療内科を一覧にして紹介しているサイトがあります。もっと細かい情報や通院条件などに合った病院を探す際には、都道府県が管理している医療機関の紹介が行われているサイトがあるので、そちらで検索してみる事も出来ます。もし、勤め先に産業医や保健師がいる場合は、それらの人に相談してみる事も有効です。産業医や保健師はその企業やほかの企業でも数多くの方のメンタルのケアを行っておりますし、病院探しを手伝ってくれる事もありますし、人に相談してみると客観的な意見を聞かせてくれるので重要だからです。ある程度の情報が集まり、病院の候補を絞る事が出来ましたら、病院へ直接電話してみて下さい。電話ではうつチェックはどのように行わるのか、予約状況の確認、受付の人の印象などを確認してから受診して下さい。病院探しを行い、受診する事を決めたけれど、医師になにを話してよいのか分からない場合や、症状によってうまく話せない場合もあります。その場合は、事前の準備が必要です。病院によっては、うつに関するチェックシートを事前にインターネットでダウンロードして回答しておく場合もあります。事前に回答しておくことで、時間短縮にもつながりますし、患者がゆっくりと自分のペースでチェックを進める事が出来るので、正確な現在の状況を回答する事になります。そのため、病院で事前にチェックシートがあるのかを確認しておいて下さい。また、受診時はいつからその症状が始まったのか、どんな時にうつ状態になるのかなど箇条書きでいいので、記載しておくと医師との会話がしやすくなります。うまく話せない場合は、そのメモを医師に渡すという事も可能になりますので、コミュニケーション手段をして有効だと言えます。病院では受診当日から投薬が始まる場合もありますので、既往歴や現在服用している薬などの情報を事前に確認しておく必要もあります。薬によっては、同時に服用できない種類もありますので、これらの情報を医師に伝えて確認しておけば、安心して処方された薬を飲むことが出来ます。

Copyright© 2018 うつ病チェックで判断しよう【うつ病かもしれないと思ったら】 All Rights Reserved.