うつ病チェックで判断しよう【うつ病かもしれないと思ったら】
医療

精神病のよくある特徴

うつ病は脳の状態がおかしくなって問題が起こる症状なので、特徴をチェックすれば病気かどうか判断できます。検査をする時はクリニックを使って行う方法もありますが、自宅でも簡単にできるやり方があるため調べるのは難しくないです。

詳しく見る

医者

早期の発見と治療

うつの発症が疑われると、まずは心療内科で診断を受けることが重要です。チェック項目がたくさんありますし、それらに該当すれば治療を行う必要があります。投薬とカウンセリングで、大部分の患者が治癒に向かうと言われています。

詳しく見る

医者と看護師

心理検査から心電図まで

心理検査だけでなく、心療内科や精神科では、うつ病のチェックとして血液検査や尿検査などを行う場合が多々あります。病院でのうつ病チェックは、うつ病を未然に防いだり適切な治療にも役立ったりするため、心電図も含めて受けておくのが重要です。

詳しく見る

病院

心療内科の探し方と準備

うつになった場合は産業医や保険医に相談したり、インターネットでうつチェックを行える心療内科を検索したりして、自分にあった病院を探して下さい。また病院受診前には事前回答するチェックシートの有無や、症状に関するメモの作成、既往歴も確認しておいて下さい。

詳しく見る

発病していても治療できる

男性

受診して治療を開始しよう

うつ病にかかる人の数が増えているので、身近にうつで悩んでいる人がいるという人も多いでしょう。そうした環境にいると自分もうつの症状が出ているかもしれないので心配だという人が増えています。もしも気になる症状がある時にはチェックを行ってみると、その結果を見ることで自分がどのような状態にあるのかを把握することができます。チェックの結果次第では、病気を発症している可能性が高いということがわかるので、その際には病院を受診する必要性がでてきます。しかし、精神的な症状は気にし過ぎると悪化してしまうことがあるということも覚えておきましょう。特に最近では心の病気を発症する人が増えているということで、自分も同じようになってしまうという不安を抱えている人が多いようです。チェックを行って発病の可能性があると言う結果になった時には、その状況に惑わされないようにすることが大切です。病院を受診して本当にうつ病を発症していたとしても落ち込むことはありません。今は優れた内服薬が登場しているので、うつ病は治療できる病気になっています。一度発病した後に治療をして社会復帰している人もたくさんいますし、治療をしながら社会生活を送っている人もいます。うつ病かもしれないと思った時にチェックをするために受診する病院は、風邪の時などにかかる内科などではなく、精神科や心療内科といった診療科を選ぶと良いでしょう。似た名前の診療科に神経内科といったものがありますが、これは脳梗塞などの脳の病気の人がかかるところなので間違えないようにします。精神科と心療内科は内容が似ていますが、精神科は入院施設をもっているところが多く、精神的な病気が重度になった時などに入院をしながら治療をすることができます。心療内科は精神科よりも軽度の症状の人が多いという傾向があり、うつの症状がある時には心療内科にかかることができます。心療内科では初回の診察時にうつのチェックを行います。そこで治療が必要だと判断された場合には、継続的に通うことになるでしょう。その時にかかる費用としては、医療機関に初めてかかる時に必要な初診料というものが余分にかかります。他には診察代と治療にかかる費用として、薬代と処方料がかかります。治療が必要だと判断された場合には、症状に合わせて薬も処方されて初診時には3000円〜6000円程度かかります。2回目以降は同じように診察を受けて、薬が処方されても、初診料がかからないので2000円〜3000円程度となります。

Copyright© 2018 うつ病チェックで判断しよう【うつ病かもしれないと思ったら】 All Rights Reserved.